株式会社ウエストアライアンス

株式会社ウエストアライアンス

天然ガス自動車

環境にやさしい自動車

天然ガス自動車 (NGV:Natural Gas Vehicle)

大気汚染防止や地球温暖化防止への取り組みのひとつとして、低公害車(天然ガス自動車)をルートカーとして導入いたしました。

天然ガス自動車とは都市ガスなどに使用されている天然ガスを燃料としており、天然ガスを気体のまま、高圧でガス容器に貯蔵する方式で、圧縮天然ガス(CNG:Compressed Natural Gas)自動車と呼ばれています。天然ガスは、メタンを主成分とするガスでクリーンエネルギーです。一酸化炭素等の有害物質を含まないので、ガス中毒の心配がありません。地球温暖化の原因である二酸化炭素(CO2)の排出抑制ができます。また、高分子炭化水素や硫黄の含有量が少ないために、排気ガスに黒煙や硫黄酸化物はほとんど排出されません。

弊社では今後も、天然ガス自動車の導入ならびにアイドリングストップの徹底など全社をあげて環境保全活動に取り組んでいきたいと考えております。


天然ガス自動車

天然ガス自動車

ハイブリッドディーゼル車

弊社では、これまでにも天然ガス(CNG)を燃料とする低公害車を導入するなど環境保全に取り組んできました。
今回、導入しましたハイブリッドディーゼル車は、排気ガス中の窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)を低減する低公害効果だけでなく、地球温暖化の抑制という観点で温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)の削減効果があり、環境に優しい車です。

この車は、弊社高知営業所でサービス巡回し、環境保全意識の向上と、低公害車の普及啓発に努めます。 ベンディングサービス車へのハイブリッドディーゼル車の導入は、四国では弊社が初めです。

 

天然ガス自動車